2013年10月の記事

葉酸の1日の摂取量

葉酸の摂取量が減ると、血液中のホモシステインの蓄積が見られ、動脈硬化の引き金となります。 これを基準内に維持できる葉酸の量は240㎍/日とされています。 葉酸の栄養所要量は、平均必要量が200㎍、推奨量賀240㎍、上限量が1000㎍(いずれ…

葉酸について基礎知識

葉酸を含む食品

■葉酸を多く含む食品 牛レバー、アスパラガス、菜の花、モロヘイヤ、ほうれん草、キャベツ、とうもろこし、 レタス、さつまいも、大豆、春菊、いちごなどの緑黄色野菜、豆類、果物などに多く含まれています。 葉酸は、調理や長期間保存による酸化によって…

葉酸について基礎知識

葉酸の効果

ホモシステインという含硫アミノ酸の血中濃度が上昇すると、心臓病のリスクが高まることが知られています。 葉酸はビタミンB12とともに、ホモシステインから別のアミノ酸であるメチオニンの合成を促進するので、ホモシステインの血中濃度を抑え、心臓病の…

葉酸について基礎知識

葉酸の成分

肝臓に含まれる悪性貧血予防因子(ビタミンM)がほうれん草にも含まれていることを発見され、葉酸と名付けられました。 葉酸の化学名は、プテロイルグルタミン酸(PGA)です。 名前の通り、野菜に多く含まれています。しかし、葉酸が十分摂取されても、…

葉酸について基礎知識

葉酸の性質

葉酸は、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、水溶性ビタミンに分類。 葉酸はアミノ酸や核酸の合成に必要となる補酵素。 葉酸が欠乏すると、核酸が合成されず、細胞の分裂や整腸、DNAの形成が阻害されるのです。 細胞の分裂や…

葉酸について基礎知識