積極的にとりたい葉酸
妊娠する前から積極的にとりたい栄養素No.1が葉酸
妊娠したら積極的にとりたい栄養素No1が葉酸

妊娠を考えた時から葉酸の摂取を始めましょう

なぜ、妊娠が分かる前から飲むの?

赤ちゃんを望んでいる女性なら、絶対に飲んで欲しいのが葉酸です。
妊娠前から飲み始めるべき!ってよく聞くけど「葉酸」ってどういうものか理解していますか?

葉酸というのは、緑黄色野菜によく含まれているビタミンB群の1つなのですが、造血作用、細胞を作る働きがあります。

この栄養素が妊娠してから7週くらいに不足していると、赤ちゃんに重大な悪影響を及ぼしてしまうかもしれないものです。
実は、妊娠初期(4週目~5週目)の胎児の神経管形成には葉酸が多く必要となり、通常の2倍以上の漁が必要と言われているんです。
妊娠中のお母さんに葉酸が不足している場合、葉酸を多く摂っていた場合と比べて赤ちゃんが神経管閉鎖障害など先天的な病気をもって生まれて来てしまう可能性があるからです。
もちろん割合としては低いものですが、万全を期して妊娠する方がいいですよね。

妊娠する前から葉酸で体づくり

妊娠を望んでいるなら、早いうちに摂取するべきサプリという事になりますね。
妊娠に気づいてから飲むというよりも、妊娠していないうちに飲むというのが重要なんでです。
妊娠初期のころは、妊娠に気づかない事もあります。実は、その初期の時期が重要なので、体のコンディションを整えて、赤ちゃんが来てくれたその瞬間から成長を育める体内環境を作ってあげられるように、妊娠する前から葉酸を摂取するという習慣をつけましょう。

緑黄色野菜を多く食べればいいんじゃないの?

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれているので、それなら、緑黄色野菜を多く食べていればいいんじゃないの?と思いますよね。
野菜は大切な食品ですが、残念ながら野菜からだけでは葉酸を十分に摂取することが出来ないのです。
なぜなら、葉酸水溶性で熱に弱いので、煮たり焼いたりする調理では葉酸が減ってしまいます。
さらに体内の吸収率が50パーセントしかないので、野菜から葉酸をとることは難しいのです。

葉酸サプリは吸収率が85パーセント程ですので、サプリを飲んだ方が効率的と言われているのです。

葉酸サプリはどのくらいとればいいの?

注意してほしいのは、葉酸は摂ればとるほど良いというものではないということです。
妊娠初期に必要な量は、一日に640マイクログラムとされていますが、その内食事で約240マイクログラムの葉酸を摂り、あとの400マイクログラムをサプリで摂ることが推奨されています。
でも妊娠中期以降になっても、同じ量のサプリを摂り続けるのはよくありません。
妊娠中期以降は1日480マイクログラムが良いとされているので、サプリをどのように減らしたらよいか、又はサプリを変えた方が良いのか掛かりつけの医師に相談することをお勧めします。

また、葉酸サプリを摂取した方が、妊娠しやすいという研究報告もあるようです。
ですから、妊娠を望んでいながらなかなか恵まれないという人も、葉酸サプリを摂った方がいいかもしれません。
ご夫婦で葉酸サプリを飲んだ方が、妊娠しやすいというデータもありますので、赤ちゃんを望んでおられるなら、早くにご夫婦で葉酸サプリを飲んでみましょう。

関連記事

  1. 葉酸サプリ、選ぶべきポイントとは?

  2. エーエフシー葉酸サプリ mitete

  3. 先輩ママもおすすめ葉酸サプリBEST3